日本で外壁塗装をする人の為に作ったサイトです。

日本で外壁塗装をする人の為に作ったサイトです。

MENU

外壁塗装は定期的に行いましょう

家の外壁塗装は家の外観を美しく見せるだけでなく、家を長持ちさせる効果もあります。
その為、定期的に状態を確認し、傷みがあればすぐに補修することが大切です。
日本は四季があり、夏は暑く直射日光が照りつけ、冬は寒さで外気が冷やされます。
また、梅雨や積雪などもあり、家は過酷な外気に常にさらされています。そのような自然から外壁塗装は家を守っているのです。
外壁の傷みを放置すると、ひび割れが起きたり塗装がはがれたりして、そこから水分が侵入して家の木材を傷めます。
シロアリが繁殖する原因ともなり、家の寿命を縮めてしまうのです。
このような事態になる前に、定期的に外壁を点検し、補修することが重要です。
外壁塗装は、通常10年から15年ごとに塗り直すのが良いと言われています。
外壁塗装をする際は、一番上の層だけではなく、下塗りからしっかりと行ってくれる信頼できる業者に依頼しましょう。
そうでないと効果のある塗装にならないからです。
良い外壁塗装とは、古い塗装をきれいにはがし、壁面の補修をしっかりと行ったうえで、下塗り、中塗り、上塗りと三層に行うのが一般的であり、そうでない外壁塗装はよい外壁塗装とは言えないからです。
水分が侵入し、塗装が傷む原因になります。

外壁塗装の耐用年数はどれくらいなの?

外壁塗装は住宅の外壁を保護するために必ず行うべき施工になっています。
戸建て住宅が完成した時なども素材がむき出しになっているというようなことはなく、何かしらの塗装がされているのですが、これは見栄えの他にも素材の保護などの目的があるのです。
しかしあらゆるものは使用していくうちに劣化をしていくこととなりますから、一定年数が経過したのであれば外壁塗装をし直すことが必要になってきます。
それでは外壁塗装の耐用年数とはどれくらいになるのかというと、これは使用している塗料によって変わってきます。
ですが最も一般的に使用されている塗料である「ウレタン系塗料」を例に取ってみると、これは8〜10年程度で性能が下落し、建物を保護する能力を失ってしまうとされています。
もちろん10年が経ったからすぐにダメになるというわけではなく、住宅の状況などによっては15年前後使用できるケースもあるのですが、20年や30年といったような期間、性能を保ち続けるということはないと考えてよいでしょう。
最も耐用年数が長い「フッソ系塗料」と呼ばれるものであっても15〜20年程度で性能が下落するとされていますから、塗料がはがれてきたり、ひび割れが入ってきたというようなことがあったのであれば、専門業者に見積もりを取るように心がけるべきということになるのです。
miti

外壁塗装は建物を保護する役割がある

外壁塗装というのは建物の見栄えだけの問題だと思いがちですが、役割としてはそれだけではありません。
もちろん、外壁塗装には外観を良くする装飾の意味合いもありますが、建物を保護するという役割も大きなものになっているのです。
塗装がなければ建物の基礎の部分がむき出しとなってしまいますが、この部分がむき出しになると雨などが降った時に水分を含んでしまうことになります。
水分を含んでしまうとその部分の強度が落ちてきて、次第に劣化してきてしまうのです。
そしてそのような劣化が進むと、建物の中にまで水が漏れてくるなどの影響が出てきてしまいます。
また、建物自体の強度も下がってしまうため、あまりに強度が下がってしまった場合には建物の修繕が必要となってきてしまうのです。
建物の修繕にかかる費用というのは、外壁塗装をする費用よりもはるかに高くなってしまうため、塗装が剥がれていることに気がついたらできるだけ早く直すことが建物を保護するためにも有効なのです。
外壁塗装をするための出費というのは安いものではないだけに、痛い出費になってしまうものですが、長い目で見て考えた場合早い内に手を打っておいたほうが、安く済むものなのです。